BLOG

貴腐ワイン

2011年11月29日
貴腐ワイン

みなさん、こんにちは。ピロリ菌がいなくなっていたせいか本当に十数年ぶりに、ぐぐ~と音がなるような「空腹感」を感じるようになった川中實です。みなさん、ワイン飲んでいますか?12/4(日)に予定しているアルソーレさんとのワイン会ですが、お陰様で定員いっぱいになりました。ありがとうございます。

さて、みなさん、貴腐ワインってご存知ですか?貴く腐ると書いて貴腐(きふ)です。甘口ワインの作り方っていくつかあるのですが、その為にはブドウの糖度を上げることが必要となります。凍ったブドウを収穫して造ったアイスワインや意図的な遅摘みワイン、陰干しブドウを利用するワインなどなどとさまざまです。

甘口ワインの中に貴腐ワインは属するのですが、唯一ブドウの表面についた菌の影響により糖度を上げるものが貴腐ワインです。ブドウの表面のロウ質にボトリシス・シネレアという菌がつき、環境条件があったときだけ貴腐菌になります。環境条件が合わないときは「灰色カビ病」になってしまいます。(写真はちょうど貴腐菌がついたブドウ:登美の丘ワイナリー)

貴腐ワイン

貴腐菌は糖分を残し、水分を吸い取ります。そして一粒一粒のブドウ粒の内側で化学変化をおこし、果汁の味わいを変えていきます。上手に貴腐菌がつき、上手に選別が行われ、上手にワインとなった時、そのワインは輝かしい黄金色をします。貴腐ワインで有名なシャトーディケムは悠に100年は持つとも言われるほどポテンシャルを持ったワインとなります。


貴腐菌がつくかどうか分からないのに、貴腐菌がつくことを予測するリスク。菌がついたとしても灰色カビ病に変ってしまうかもしれないリスク。そして、貴腐菌が水分を奪ってしまうので収穫果汁がどっと減ってしまうこと。また、高糖度を発酵させる技術云々。。


フランスで言えば、ソーテルヌ、ロワール、アルザスなどが高品質貴腐ワインを産出する地方です。ワインが出来るまでも深い物語をもつ貴腐ワインは高価なものが多いです。

セカンドラベルやオーストラリア産の貴腐ワインなら手頃なものも多いと思います。年末のこの機会に一年のご褒美にいかがですか?

ブログ、ちょっと固くなっちゃった。。。


過去の記事

カレンダー

12月 2019年01月 2月
30311 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 12

プロフィール

【配信メディア】
FACEBOOK http://www.facebook.com/profile.php?id=100002089151626