BLOG

自分の価値観を知ることの大切さ(DM普及協会メルマガからの転載)

遅くなりましたが、2013年新年が始まりました。明けましておめでとうございます。

旧年中はパラダイスコーポレーションをご贔屓いただきありがとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m


さて、新年第1回目のブログでは、ボクが当社の事業を良くするために活用している、ディマティーニ
・メソッド普及協会から感動的なメルマガが届きましたのでシェアしたいと思います。

いま社会問題になっている学校での”いじめ”にもヒントになる内容です。長文ですが、読んでいただければ幸いです。

以下メルマガを転載します。

***********************

おはようございます。

ディマティーニ・メソッド日本普及協会の〇〇〇(担当者個人名)です。

今日は私が新年早々にとても、とても、とても心を動かされた話をシェアさせて頂きたいと思います。

あるトレインド・ディマティーニ・メソッドファシリテーターの方が教えて下さったご親戚の小学5年生のお子さんのお話です。
(このメルマガでは、この小学生のお子さんのことをA君と呼ばせて頂きます)

このファシリテーターの方は、昨年の元旦にA君とある約束をされました。

それは、自分の夢を実現するために小学校に戻るという約束でした

そして、A君はその1年後の元旦の日(つまり今年の元旦)に、ご親戚の前で小学校に戻ることが出来たことを報告し、
このファシリテーターの方に感謝の言葉を伝えられました。

ファシリテーターの方はA君に、自分にお礼を言ってくれたのと
同じように、学校に戻ると決めた自分自身にもお礼を言うんだよ。と伝えられたそうです。

A君は昨年、いじめが原因で不登校になり、フリースクールに通っていました。

A君の将来を大変心配されたご両親がファシリテーターの方にご相談をされ、A君と二人きりで話をし、

学校に戻り勉強をすることが、自分の夢を実現するためにどう役立つか?ということをディマティーニが教えている手法を
使って明らかにされました。

実は、ファシリテーターの方は、A君が普通の学校に通えないから、普通の子より劣っていると烙印を押れた子だけれども、
彼の才能にずっと前から気付いておられたそうです。

なぜなら、A君は電車の車内アナウンスを丸暗記して、親戚の大人の前で言ってみせ、電車の時刻表を覚えていたそうです

ファシリテーターの方は、A君が学校に戻りたいと思えるように、

まず、A君が高い価値を置いていること、鉄道のことに
ついてどうしてそんなにに興味を持っているのかを
質問されました。

そうしたら、

「自分がまだ知らないところに行けるから。
 
 そして、大人になったらアメリカに言って旅行をすること。

 アメリカにしばらく滞在した後は日本に帰り、旅行会社に勤めて いろんな旅のツアーを企画し、未体験の場所にお客様を
 連れて行きたい!」

という壮大な夢を語ってくれたそうです。

なるほど。不登校で、フリースクールに通うA君の壮大な夢を聞いたファシリテーターの方は、A君がこの夢を実現するために、
学校に戻り勉強することがどう役に立つか?
を質問することによって明らかにされました。

A君はついに学校に戻って勉強することの大切さや必要性を自分で見つけ、心から理解し、小学校6年生になったら学校に戻ることを約束しました。

そして、一年後にA君は学校に戻り、実は中学受験に挑戦することになったそうです。

このA君の変化は、ご両親、学校の先生などの周りの大人に大きな希望と人の持つ無限の可能性を示しました。

きっと、このメルマガを読んで下さっている皆さんも、”人は今いるところから変わることが出来るのだ。”ということを実感して頂いているのではないかと思います。

私はこのファシリテーターの方に、次のようなメッセージをA君に伝えて欲しいとお願いをしました。

「もし、この親戚のお子さんにお会いすることがあれば、
 
 あなたが学校に戻り勉強を始めたということ自体、
 
 私をどれだけインスパイアしたか、そのことに対して
 
 感謝している人がいることをお伝え頂けたら幸いです。

 どうぞよろしくお願い致します。」

そして、すぐにファシリテーターの方はA君に電話をして下さり、

A君が学校に戻り勉強をしていることが、自分のためだけではなく、たくさんの大人の心を動かし、また他の子供達にも影響を与えていることを伝え、感謝の気持ちを伝えて下さいました。

電話の向こうで、A君は涙声で、「ありがとうございます。」
と伝えてくれたそうです。

私はこのA君のお話を聞いた時に、A君の勇気ある決断と、一人の才能溢れる少年の夢がこのファシリテーターの方の素晴らしい偉業によって救われたことに心から感動しました。

そして、改めて思いました。

ディマティーニがいつも確信を持って言い切っていること、

つまり、

「人が自分の最高の価値観を発見し、それを生きる時に天才性を発揮し、 人生を前進させることが出来ること。私はこのことを一人でも多くの人に知らせたい!伝えたい!」

どうして、そんなに「価値観が重要なのか?」

A君が自分の夢を実現するために、学校に戻って勉強しよう!と決意出来た理由は、全てこの「価値観」から始まっています。

いじめが原因で、不登校になった子供が、もとの学校に戻るというのは私が想像している以上に勇気のいることだと思います。

また、いじめられるのではないか?という不安もあったと思います

でも、A君は自分の夢を叶えるためには、学校に戻ることの重要性をはっきりと認識していました。

いじめられるかもしれないという恐怖や不安を乗り越え、自分の人生を前進させるそのパワーの源は何でしょうか?

私はディマティーニが教えてくれている

「自分の最高の価値観」

だと確信しています。

********************

ボクも去年2回、『心を知る技術』勉強会でも実際に参加者の皆さんとワークを行いましたが、「自分の価値観を知るためのワーク」がとっても大きな役割を果たすことが、この話でもよく分かると思います。

来週1月17日(木)は開星高校さん『ドリカム講話』第2回目で、生徒さんに向けてこのワークをやってもらいます。

どんな風になるかはやってみてのお楽しみですが、ボクも高校時分に考えたこともない、自分の大切にしている価値観について彼らがいくらかでも氣付いてくれたらいいなあと思います。


          Dr.ディマティーニと

過去の記事

カレンダー

9月 2017年10月 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1234

プロフィール

川中 努(tsutom kawanaka)
1972年3月29日生
パラダイスコーポレーション代表取締役

きき酒師
ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター
バリューファクター・ファシリテーター

【配信メディア】
Facebook https://www.facebook.com/tsutom

基本的にお会いしたことのある方と友達に
ならせていただいています。
投稿は「公開」ですので
フォローをして頂くようお願いします。

Twitter http://twitter.com/kawachu0329
【経歴】
1990年 島根県立松江南高校卒業
1994年 青山学院大学 国際政治経済学部卒業
日本トイザらス入社
1997年 住友商事と米国リバティメディアの合弁会社ジュピタープログラミング入社
1999年 故郷の島根県松江市に戻り、実家の事業(有限会社三度)に参画。専務取締役に就任。組織変更により株式会社パラダイスコーポレーションを設立。社内システムを整備する。
2012年 代表取締役 社長就任
   ~現在に至る