BLOG

国道432号道路改良工事 大庭バイパス 古志原工区

事業の背景・目的
・国道432号(松江市大草~古志原)は、車輌の通行が一日、15,000台程度、朝夕の渋滞が発生している。また、歩道がほとんど整備されていないので、歩行者や自転車の通行に支障が生じている。
・これらを解消するための事業とのこと。(欄外のPDF参照)



国道432号道路改良工事 大庭バイパス 古志原工区

既に、大庭バイパス1.9キロ区間の工事は、始まっており、
月ごとに景色が変わっていくという感じです。

国道432号道路改良工事 大庭バイパス 古志原工区

この位置にバイパスができ、バイパスの両脇に
宇竜谷(ウリュウダニ)土地区画整理事業として、
今後、商業地や住宅用地が貼り付けられる予定。