BLOG

えびすだいこくマラソン2014

こんにちは。川中努です。

この時期は、僕が所属する山陰ランクラブのみんなと恒例の「えびすだいこくマラソン」に参加です。1人の方は除いて昨年と違うメンバーの計5人でチームを組んで、えびす様の総本山・松江市の美保神社から大国様の出雲大社まで日本海沿いの山道を中心とした100kmに挑戦です!

6時半のスタートの前にまずはメンバーで美保神社にお参りをしてから出発です。

僕は去年と同じ、第2走者で福浦小学校跡から山越えをして日本海側の七類港(しちるいこう)までの6kmコースからスタートです。

第1走者のスピードランナー”キャップ”ことSさんが、4分20秒/kmで飛び込んできました。緊張の中、いよいよスタートです。走り始めたのが上位集団なので、いきなり抜かれる、抜かれる(汗)

出だしから正直気分が萎えそうでした。。しかし、タイム的には山道をアベレージ5分10秒/kmなので、僕的にもそんなに悪くないタイム。

この区間を走り終えたところで取材も受けました。てっきり地元のかと思っていましたが、広島の新聞社でしたが・・

第1回目を終えて緊張も少しほぐれ、メンバーみんなで支えあいながらの長い1日がスタートしました。この日は、走者交代のポイントまで僕らチームのメンバーを運んでくれるサポートカーを運転してくれる方がいて、走ることに集中できとても助かりました。

僕にとって、この日の一番のチャレンジは、御津(みつ)漁港から片句(かたく)エイドまでの8kmでした。この区間は高低差が150mもあり、島根原発を見ながら延々と6kmくらいの上り坂をひたすら走り続けるというハードコースです。

この写真はレース前に山陰ランクラブの部員の方が試走された際のものです。走っても走っても上り坂。しかし、実は今回のえびすだいこくマラソンは、6月15日に初参加する「隠岐ウルトラマラソン50km」の前哨戦でもあったので、ある意味坂ランのいい練習になりました。半分は強がりですが(笑)

なんとか立ち止まらずに片句越えをしてバトンを繋ぎ、そのあとも続く坂道をチームワークで乗り越えていきました。

このブログに掲載できる写真の数には残念ながら限りがあるのですが、途中でもいろんな思い出を刻みながら、いよいよゴールに迫ってきました。

山道は木陰もあり涼しく感じるのですが、出雲の平地へ出てからは照りつける太陽にもろにさらされるのでとても暑いのです。またこの日は西からの向かい風も強く、その分暑さは和らいだのですが、走るのは大変でした。

とにもかくにも、ゴール直前。残り数kmのところからメンバー5人で並走しながらゴールを目指します。出雲大社前の神門通りを走ります。

そしてゴール!

感動的なフィナーレでした。

チームを引っ張ってくれたSキャップ、ムードメーカーのMさん、安定した走りのMさん、がんばり屋のNさん、そして色んなことに気を配りながらサポートカーを運転してくれたHさん、ありがとうございます‼︎

そして様々な方面から応援いただいたみなさまもありがとうございました。

改めてたくさんの方に支えられて生かされていることを実感した一日でした。

過去の記事

カレンダー

9月 2017年10月 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1234

プロフィール

川中 努(tsutom kawanaka)
1972年3月29日生
パラダイスコーポレーション代表取締役

きき酒師
ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター
バリューファクター・ファシリテーター

【配信メディア】
Facebook https://www.facebook.com/tsutom

基本的にお会いしたことのある方と友達に
ならせていただいています。
投稿は「公開」ですので
フォローをして頂くようお願いします。

Twitter http://twitter.com/kawachu0329
【経歴】
1990年 島根県立松江南高校卒業
1994年 青山学院大学 国際政治経済学部卒業
日本トイザらス入社
1997年 住友商事と米国リバティメディアの合弁会社ジュピタープログラミング入社
1999年 故郷の島根県松江市に戻り、実家の事業(有限会社三度)に参画。専務取締役に就任。組織変更により株式会社パラダイスコーポレーションを設立。社内システムを整備する。
2012年 代表取締役 社長就任
   ~現在に至る