BLOG

冬来たりなば春遠からじ

今日、ふとこの言葉の一部(はるとうからじ)が頭に浮かび調べたところ、
「冬来たりなば春遠からじ」でした。

意味は、


今は不幸な状況であっても、
じっと耐え忍んでいれば、
いずれ幸せが巡ってくるというたとえ。  とのこと。

2月も本日で終了し、このまま春を迎えれば

今年のこちらの冬は、じっと耐え忍ぶほど冬ではなかったかと
少し安心しかけております。

桜は、まだまだですが、まずは梅の花を楽しみたいと思う今日この頃です。
        

冬来たりなば春遠からじ