BLOG

2015隠岐の島ウルトラマラソン

こんにちは。川中努です。

6月20日・21日の週末2日間で島根県の離島 隠岐の島町に渡ってウルトラマラソン50kmを走ってきました!

今年で10回目となる記念大会だけに一層の盛り上がりでした。
僕は去年に引き続き2回目の出場となりました。

実は去年はハーフマラソンしか走った経験がない中、50kmをしかも過酷なウルトラマラソンを走りきれるかという未知の経験でしたが、無事に6時間5分31秒でゴール・完走できました。

このことについては、去年ブログに書いてますので、よかったらご覧になってみてくださいね。(http://www.paradise-corporation.co.jp/817.html)

今年は春先に体調がすぐれず、トレーニング不足だったのですが、まずは完走を“表”の目標に、でも“裏”の目標では去年のタイムを5分以上短縮し、6時間切りでゴールすることを目指していました…

通い慣れた道とまではいきませんが、去年通った同じコースを走りながら感じたのは、隠岐の島の自然の雄大さ、美しさです。

「こんなきれいな島で、しかも自分の足を使って走ることができているんだなぁ。」

こう考えるだけで、走りながらも自然と口に出てくる言葉は、「ありがとう」でした。

しかしながら、スタートから約10kmで現れる高さ200m近い3つの山は、やはり半端なく、20kmくらい走ったところで既にふくらはぎに痛みが出始めました。

「大丈夫かな?」

そう不安に思う自分の心を励ましてくれたのが、やはり去年と同じ隠岐の島の地元の方たちの熱い声援でした。

特にこの隠岐の島ウルトラマラソンが全国的にも、ランナーたちの間でトップクラスの人気を誇るのが、山の中や自宅の前まで私設エイド(給水や栄養補給ができる施設)を設けて応援していただける“おもてなしの心”ではないでしょうか。

今回もなんどもそんな掛け声に助けられ、蓋を開けてみると、去年よりタイムを約40分縮めて5時間26分9秒でゴールを切ることができました。

ゴールのレインボーアリーナ直前の坂は、長い距離を走ったランナーたちにとっては涙が出そうな最後の難関ですが、そこで迎えてくれる方たちの笑顔があるから走りきることができます。

今年も、所属する「山陰ランクラブ」の仲間たちが迎えてくれました。

ウルトラマラソンを完走するということは、身体には相当な負荷をかけます。そんなダメージという代償をかけるからこそ、得られるのは同じくらい大きな達成感と感動です。

隠岐の島は、そんな舞台を演出してくれる最高の場所です。

今年も“ちいさな島で、おおきな感動”をありがとう*\(^o^)/*

過去の記事

カレンダー

9月 2017年10月 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1234

プロフィール

川中 努(tsutom kawanaka)
1972年3月29日生
パラダイスコーポレーション代表取締役

きき酒師
ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター
バリューファクター・ファシリテーター

【配信メディア】
Facebook https://www.facebook.com/tsutom

基本的にお会いしたことのある方と友達に
ならせていただいています。
投稿は「公開」ですので
フォローをして頂くようお願いします。

Twitter http://twitter.com/kawachu0329
【経歴】
1990年 島根県立松江南高校卒業
1994年 青山学院大学 国際政治経済学部卒業
日本トイザらス入社
1997年 住友商事と米国リバティメディアの合弁会社ジュピタープログラミング入社
1999年 故郷の島根県松江市に戻り、実家の事業(有限会社三度)に参画。専務取締役に就任。組織変更により株式会社パラダイスコーポレーションを設立。社内システムを整備する。
2012年 代表取締役 社長就任
   ~現在に至る