BLOG

社長 川中努ブログ

社長 川中努ブログ

「社員のやる気研究所」

こんにちは。川中努です。

早いもので6月も残すところあと僅か。これで1年の半分が終わりますね。

ところで今年の初めに、当社の「中長期経営ビジョン」を発表した際に話したのですが、実は5年以内に東京へ進出するという目標を持っています。

元々、ボクは大学時代から東京で住んでいて、サラリーマンとして外資系2社で人事部スタッフとして働いていたので、いずれ東京で仕事をしたいと考えていたのです。

といっても、お酒の販売やテナント賃貸業という、地元・松江でやっているビジネスとはまた違う、身一つで好きなところどこででも、できる仕事をしたいと思っています。

今回そのきっかけになるかも知れない、仕事を始めることになりました。

それがこちらのサイトです。




「社員のやる気研究所」、通称「やる研」です。

日本ディマティーニ・メソッド普及協会の代表・岩元隆久さんがこの度始められた新しいビジネスに、社外専門家として参加させていただくこととなりました。




会社の大きな原動力になるのは、そこに働く社員のやる気です。ただし、それは一昔前に言われた、”気合”とか”石の上にも3年”などの曖昧な根性論ではなく、社員一人一人の持つ「価値観」という明確な基準に照らし合わせたものです。

「やる研」レポートでは、ボクが経営を通じ、どのようにして、このサイトのテーマである「やる気」を、自分の中に生み出したかをお話することが、社員の「やる気」にも直結するという思いから、自らの実体験を記していきます。

早速掲載した第1回目の記事はこちらです。


「会社経営におけるDM・VD活用事例(その1)」


どうぞご覧になってみてくださいね。

ご縁市リターンズ

こんにちは。川中努です。

今年の山陰地方は、梅雨なのに雨が降らず、毎日暑い日が続いています晴れ

そんな天気の中、久しぶりに『ご縁市』が戻ってきましたので出店してきました音譜

ご縁市とは、昨年2012年4月から1年間、松江市白潟町の市立病院跡地で、昭和50年生まれの有志の会「ごまる会」の皆さんが企画して、月一度中心市街地に活気を取り戻そうと、飲食や販売の出店業者を募って開催していた市です。

ボクも子どもたちを「ダシ」にして(笑)、「酒パラのジュース屋さん」で何度も出店させてもらい、とてもいい経験をさせてやることができました。

そのご縁市が、松江市大庭町にある「出雲かんべの里」に戻ってくるということで、ジュース屋さんをさせていただきました~ニコニコ

まずは暑いので、前日から息子と二人で、お気に入りの美容室「ランデブ」で髪を切ってと・・




迎えた当日、テントを張って開店準備完了ですビックリマーク



会場がちょっと奥まったところにあるので、来客があるかなと思いましたが、まずまずの客数ドキドキ





よっし、これから売れるかなぁと思ったのですが・・


肝心の看板娘は、他の店に行って戻ってこない・・ショック!


こんな感じです・・




美味しそうにクレープも食べてる・・



前の日に「明日は楽しみで眠れない~」って言ってたのは、このことだったのか!?

まあ、子どもたちにとっては、遊ぶことが目的なんで、仕方ないか汗


でも、久しぶりに親子でゆっくり過ごすことができて、それはそれなりにいい日曜日だったかな晴れ

過去の記事

カレンダー

11月 2017年12月 1月
26272829301 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 123456

プロフィール

川中 努(tsutom kawanaka)
1972年3月29日生
パラダイスコーポレーション代表取締役

きき酒師
ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター
バリューファクター・ファシリテーター

【配信メディア】
Facebook https://www.facebook.com/tsutom

基本的にお会いしたことのある方と友達に
ならせていただいています。
投稿は「公開」ですので
フォローをして頂くようお願いします。

Twitter http://twitter.com/kawachu0329
【経歴】
1990年 島根県立松江南高校卒業
1994年 青山学院大学 国際政治経済学部卒業
日本トイザらス入社
1997年 住友商事と米国リバティメディアの合弁会社ジュピタープログラミング入社
1999年 故郷の島根県松江市に戻り、実家の事業(有限会社三度)に参画。専務取締役に就任。組織変更により株式会社パラダイスコーポレーションを設立。社内システムを整備する。
2012年 代表取締役 社長就任
   ~現在に至る