BLOG

社長 川中努ブログ

社長 川中努ブログ

母に捧げるサブ4

こんにちは。川中努です。

実にブログを更新するのは2ヶ月振りとなります。

というのが私事ですが、1月22日に愛する母を病気で亡くすという、とても辛く困難な出来事があったからです。

今まで何度か病気で入院をしていたのですが、この度は元気になって帰宅することなく、私たちに“永遠のさよなら”をして、この世を去っていきました。

息子にとって、母親を失うということは、大きな精神的な支えを失うということを実感しました。

しかし、今回の母の病気は失うものと同等の気付きと機会も与えてくれました。このことは、後日また機会があれば書いてみたいと思います。

そんな母が亡くなる約1ヶ月前に、一方的かもしれませんが、僕のほうから誓った約束を果たす日が先日やってきました。

「京都マラソンでサブ4を達成する」

マラソンを始めてちょうど4年になりますが、フルマラソンにおいて完走できるランナーが次に目指す目標がこのサブフォー(4時間切り)と言われています。

実は、この4年間、距離こそ走れるようになったのですが、タイム目標はあえて設けてきませんでした。

「マラソンをしているのは、タイムより健康やリラックスが目的だから…」

しかし、自分でも気付いていたのですが、タイム目標を掲げることは苦しいことです。

僕は、そのことによって自分の“コンフォートゾーン”(安心できる領域)の中に居たかったのだと思います。

しかし、母に京都マラソンでのサブ4を誓い、約束を果たしたいと思いました。

このことは黙ってやるんじゃなく、有言実行にすることにしました。

ラン仲間、友人、職場のみんな…

公言することで、自分を追い込んで、コンフォートゾーンを越える機会に変えたかった。

それは僕の心が自分の中に設けた壁。その壁を破ることは、人生や仕事にも大きな変化をもたらすと考えたからです。

そこからは準備です。

走ることはもちろんですが、体幹を鍛えるストレッチ、カーボローディングという食事制限、ウォーターローディング、マラソン中のエネルギー補給の計画など、予測し準備できることは全てやることにしました。

いよいよ2月21日

前日までの大雨もあがり、母を思わせるような包み込むような優しい太陽が西京極総合運動公園に昇りました。

しっかりとラミネートした母の写真をポシェットに入れて、いっしょに走るフルマラソンの開始です!


しかしスタートは、Jブロックとかなり後方での不利な条件でした。

 
1万6千人ものランナーが京都の決して広くない道を走るため、スタートの号砲がなってから実際にスタート地点を通過するのに10分要しました。
 
そして、始め10kmは人が多すぎて団子状態から抜け出せず、1時間5分もかかり焦りが…このままではサブ4できないのではと不安がよぎりました。

 
このことがむしろ前半のエネルギーを温存させる結果にもつながったかもしれません。

 
上り坂を地道に走り、少しずつ隙間を見つけてペースをあげて行くことができ、10〜30kmで挽回しました!


 
30km通過したのが、2時間51分だったので、サブ4は射程距離に入ってきました。

 
しかし、フルマラソンには必ずと言っていいほどドラマが起こります。38km辺りでさすがにペースが落ち、易きに流れそうになっている自分がいました。

 
このままでは無理だと、再度母に力を借りて「いっしょに飛ばすよ」と力を振り絞って走りました。
 
 


最後の2.195kmはキロ5分のペースに再び戻しました。そして、ゴール!

結果はネットタイムで3時間50分21秒でした。

目標にしていた4時間を大きく10分も切ることができたのです!


ゴールでは、山陰ランクラブの仲間が待っていてくれました。

僕の健闘をたたえてくれて一緒に感動してくれました。

嬉しさ。感動。感謝。

そして、このあとで一人になってから一緒に走った母の写真を見て泣きました。

 
 
お母さんありがとう!

宍道湖一周ランニング

こんにちは。川中努です。

年末もすぐそこに近づいてきました!

12月31日と1月1日。たった1日しか変わらないけど、気持ちの中では大きな変化。

僕たち日本人は、節目節目を大切にする国民。

このたった1日の違いをいい具合に大切にしたいですね。

そんな師走の日曜日、冬の山陰にしては貴重な快晴の日に、早朝からランクラブの仲間たちといっしょに、初めて約46kmの宍道湖一周のLSD(Long Slow Distance)走に出かけてきました。

松江に長く暮らす市民として、毎日のように宍道湖は見ていますが、この周りを走って一周する人はそうざらにはいないと思います(笑)

まだ日の出まもない7時に出発してすぐに湖面は霧に包まれていきました。

今まで霧って、湖面から湧き出るようにかかると思っていましたが、雲のように上から降りてくるんですね。初めて知りました!

国道9号線沿いの、僕らのコースは霧に視界を妨げられることなく、順調に距離を伸ばしていきました。

出雲に入って進路を北に変え、宍道湖湖北に出ます。

ここからの晴れた日の霊峰・大山(だいせん)の眺めは最高でした。

仲間と話をしながら、好きな音楽を聴きながら、快晴の中長い距離ですが、走れるのって本当に幸せです♬

7時にスタートして、14時まえにはゴール。最後にはダッシュもしました!

ランクラブに入ったのが、2012年の年明けなのでおよそ4年の月日を経て、こんな距離を走れるようになったのは、仲間たちのお陰です!

決して一人では、ここまで走れるようになれなかったと思います。


ゴール後は日頃お世話になっている宍道湖湖岸を、ランクラブ部員のみんなでお掃除しました。

そして、夜は楽しく忘年会。今年若くして逝ったランクラブの仲間を追悼し、副部長からオリジナルの曲のお披露目がありました。

仲間たちの存在、有り難さを感じた一日でした。

南半球オーストラリアより(その10 最終回)

こんにちは。川中努です。

Departure

楽しみも、苦しみも、喜びも、絶望も…

いろんなプラスとマイナスがしかも等しくあった、2週間のオーストラリアも間もなく終わろうとしています…(>ω<、)

今回の旅で考えたことを思い返すと、感謝の気持ちでいっぱいです!

お世話になった古宮さんとも、さっきお別れしました´∀`*)b

といっても、フライトは夜の9時半…

まだまだ時間があります…

セミナーの内容を復讐、いや復習しながら一日を空港で過ごそうと思います( *^艸^)

昨夜カンタス航空でシドニーを発ち、今朝の4時半に無事に羽田空港に着きました(=^▽^)ノ

いまは出雲行きのJALを待っています。

2週間ぶりに地元に戻りますd(・∀<)

旅の終わりはもうすぐです!

追伸


今回2週間に及ぶオーストラリア旅行記について、Facebookに投稿していたものを転載してブログを書きました。なので、多少文章がおかしかったりする場合があるかと思いますが、その方が逆にライブ感があると思ってお許しください。

最終回のこのブログでも書いた通り、オーストラリア行きは僕にとって単なる“楽しい海外旅行”という、片面だけを感じながら過ごしたのではなく、その反対の面の“チャレンジ”(試練)も同じだけ経験しながらのものでした。

従来、天然の方向音痴で(笑)初めて一人で行く海外では、初日のブリスベンでお世話になった野中さんとお別れしたあとに、正直言って

「思えば遠いところに来てしまったもんだ…」

と途方に暮れて恥ずかしながらホームシックになってしまいました…

しかし、現地で出会う人たちはみんな温かく、日本にいて離れている人たちに会えない寂しさは、彼らの特性の中に見出していけたと思います。

本当に貴重な体験でした!全てのことに感謝します!

南半球オーストラリアより(その9)

こんにちは。川中努です。

セミナー7日目最終日


Tears of gratitude

オーストラリアで参加したセミナー「プロフェシー」終わりました(〃▽〃)

このような機会を与えてもらえたこと、応援してくれた人、留守を守ってくれたスタッフのみんな、全てに感謝します!

1日14時間×7日=98時間をフル・イングリッシュで受講するセミナーは、その高度な内容も相まって、正直言って始めは全く理解できなくて絶望に近い状態から始まりました…

しかし、となりでサポートしてくれる古宮さんのお陰で、会場で仲良くなる人も増えて、次第に分かる部分が増えてきましたd(・∀<)

最終日の今日は、ビジネスの分野がテーマでした。

そして、全ての内容がカバーされた後、Dr.ディマティーニが

「目を閉じて7日間を思い出してください。」

と、この98時間で学んだ内容を復唱し始めた途端に、感謝の涙が流れました…(T∩T)

もう言葉は要りません…

ありがとうございます!

南半球オーストラリアより(その8)

こんにちは。川中努です。

7日間に及ぶセミナー“プロフェシー”が始まってから 3日が経ちました。

シドニー外はすごくいい天気だけど…

朝の8時から夜の10時までずっと部屋でセミナー受講中´∀`*)b

フル・イングリッシュはハードルが高すぎました…Σ( ̄∀ ̄:

とてもシェアできるものはないですが、なんとかがんばります(●>∀<)ノ

Day5/7

はじめは理解できなくて絶望(笑)に近い状態から始まった7日間に及ぶセミナー「プロフェシー」ですが…

昨日あたりから勘をつかんできた気がします…( *^艸^)

しかしそれはここに来て、僕の英語や専門用語を理解する能力が急速に伸びたということではなく、その場に慣れてきたということが一番大きいと思いますd(・∀<)

プロフェシーとは、

1日目 知性(脳、知覚、記憶、天才性、意識と無意識、自己価値、認識)

2日目  身体(健康と病気、ストレス、感覚、免疫、遺伝子、ガン、命の誕生、活力)

3日目 家族(親密さ、相手への期待と怒り、男女の認識の差、性、遺伝子)

4日目 社会的パワー(リーダシップ、世界のリーダー、影響力、価値観、人生の目的)

5日目 経済的な自立・豊かさ(貯蓄、投資、借金、お金と感情)

6日目 精神性(真実、天国と地獄、恐怖と罪悪感、宇宙における人間の位置づけ)

7日目 仕事の成功(利益と投資、ゴールと達成、サービスとアイディアの革新、目標とゴール、雇用、引退、仕事への活力)

この前、セミナーについて投稿したときに「物理学の講義みたいだね。」というコメントをもらったんですが…

“人生の7つの領域”という切り口で、宇宙に働く法則を学ぶ、とても論理的、科学的なセミナーなんです。

そして5日目の今日…

お金のテーマでの話の中で、ついにDr.ディマティーニに質問をすることができました(〃▽〃)

彼が教えてくれる“魂の不滅口座”という貯蓄の方法があるのですが、その対処の仕方についてみんなの前で聞くことができました!

このことは、自信につながるのと同時に、彼から聞けた答えは今日の大きな収穫でした((( ̄ ー ̄)))

こうやって少しずつですが、進歩できているのも、いっしょに古宮さんがいてサポートしてくれるお陰だと感謝しています!

過去の記事

カレンダー

6月 2018年07月 8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1234

プロフィール

川中 努(tsutom kawanaka)
1972年3月29日生
パラダイスコーポレーション代表取締役

きき酒師
ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター
バリューファクター・ファシリテーター

【配信メディア】
Facebook https://www.facebook.com/tsutom

基本的にお会いしたことのある方と友達に
ならせていただいています。
投稿は「公開」ですので
フォローをして頂くようお願いします。

Instagram https://www.instagram.com/tsutom_kawanaka/
【経歴】
1990年 島根県立松江南高校卒業
1994年 青山学院大学 国際政治経済学部卒業
日本トイザらス入社
1997年 住友商事と米国リバティメディアの合弁会社ジュピタープログラミング入社
1999年 故郷の島根県松江市に戻り、実家の事業(有限会社三度)に参画。専務取締役に就任。組織変更により株式会社パラダイスコーポレーションを設立。社内システムを整備する。
2012年 代表取締役 社長就任
   ~現在に至る