BLOG

社長 川中努ブログ

社長 川中努ブログ

講演会~GB's稲垣寛社長~

こんにちは。川中努です。

先日オフィスのデスクの上に地球儀を買って置きはじめましたニコニコ





日本の地方都市、島根県松江市に居ても考えることはGlobalでありたいなと思います。
そう考えておけばある分野では、東京で勝負できるようにはなれるんじゃないかなと考えてそうすることにしました。

ボクの好きな本で、世界No.1の成長率で途上国の子どもたちのために図書館を建てつづけるRooms to Readの創設者ジョン・ウッド氏の書いた『マイクロソフトでは出会えなかった天職~僕はこうして社会実業家になった~』があります。


マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった/武田ランダムハウスジャパン

¥1,680
Amazon.co.jp


マイクロソフトの重役でありながらも、ものすごい年収と地位を投げ打ってNGOを設立したウッド氏が文中で言っている言葉にとても感銘を受けました。

「Big Pictureを描け」

自分が楽(ラク)してなれる姿ではなく、その一段上のものを意識して取り組めば、その方向に向かっていくのが人間が本来持つ力ではないかと思います音譜

さて、今日のブログは、若いころからBig Pictureを描き成功した方です。

松江市出身で若くして関西の飲食業界で成功をおさめ、地元の松江に家族と一緒に帰ってきて、この地元でも「GB's CAFE」、「月島亭」、「スペインバル」などの複数店舗を展開する才能を持つ、稲垣寛社長の講演会を聴かせていただきました。





両親とも公務員の家庭で育ちながら、小学校の時にお年玉を元手に友だちから買い叩いた(笑)ファミコンソフトを転売し利益を得ることに商売の面白さを見出したとのことです。

高校生の時には、バンドブームだった時流を読み学生のバンドマンたちが腕を披露しあう場をプロデュースしそこで利益を稼いだりと、若いころから商才を発揮していました。

関西の大学在学中に友だちと始めたサークルがきっかけで、みんなで集まって飲む場所を作ったところ、それが大当たり、たちまち繁盛店へ。そして、大型店舗の転貸借の話が舞い込み、一気に勝負へ打って出る。これがまた大ヒットと。

そのときにお店の内装を仲間たちと自前でやる楽しさを覚えた稲垣さんは、関西でドンドンと店を増やしていきました。現在もグループ店の中心をなすのは関西圏です。

27歳の頃、学生時代に知り合った奥さまとの間に子どもが誕生するのをきっかけに、「自分が生まれ育ったのと同じ環境で子育てしたい」と故郷の松江にUターンし、こちらでもGB'sカフェ、もんじゃ焼き屋の月島亭などの人気店を相次いでオープンさせていきます。

そしてもう一つ強調されていたのが、無借金経営であることの大切さ。稲垣さんが若いころ関西で大きなお店をオープンする際に、どうしても銀行から借入をせざるを得なくて曰く“屈辱的な思い”をされたことがきっかけで借り入れに頼らない経営を目指そうと思ったとのことです。

しかし、稲垣さんは、そのような優良な「飲食店のオーナーでありながら、毎日自分の店に立ち続ける。「店が俺のフィールドだ」と独自のイナガキイズムを持っています。

稲垣さんとは親友としてお付き合いさせていただいていて、とにかく人付き合いの幅の広さ、そして魅力的な人柄にはいつも感心しています。そして、彼の真骨頂は一対一の言葉の掛け合い・・

泉のごとく湧き出すジョーク(ブラックジョークも含めて)にはいつものように笑わさせてもらっています。その彼とのやり取りが好きで、彼のいつもいるお店「スペインバル テラマチ」には、たくさんの人の明るい笑顔が溢れています。



講演後スペインバルでの懇親会風景


今回の講演で稲垣さん自身は、発表をするためにかなり今までの人生や事業の振り返りをされて、色々な気付きを持たれた様子でした。

人前で話すということは、頭の中が整理されていないとできません。ボクも講演をする際には、原稿を準備するところからパワーポイントの資料作りまで、時間をかけて臨みます。

今回の講演を拝聴し、今の自社の置かれている状況や今後の方向性を考えた上で、これから稲垣さんがどのような戦略・戦術で会社を運営されていくのかが楽しみですし、そのことに関わらせてもらいたいなと思いましたビックリマーク

稲垣社長、ありがとうございました。



地元での飲食業界の大御所からのコメントも聴きごたえがありました

『最高な自分が見つかるオンライン授業』開始

こんにちは。川中努です。

季節は秋から冬へと移りつつありますね。でもまだ“読書の秋”を楽しんでいたい季節ですもみじ

そんな秋の夜長にピッタリな本の紹介です。

人間行動学の専門家・Dr.ジョン・F・ディマティーニの新しい本『最高の自分が見つかる授業』が先日発売になりました。

Dr.ディマティーニの最高の自分が見つかる授業/フォレスト出版

¥1,785
Amazon.co.jp

こ の本はどのような方におススメしたいのかと言うと、普段から仕事や生活に不満や不安を感じていたり、もっと自分の才能や能力を発揮できる何かがあるんじゃ ないかと悩んでいたり、好きなことがあるけどそれを仕事にしたら食べていけなくなるんじゃないかという不安を抱えていたり・・・

つまり、今の自分を変えたい、もっとイキイキと暮らしていきたいと本気で考えている方にピッタリな本だと思います。

しかも、この本には各章にワーク(設問)が設けてあり、実際にこのワークをすることで、本当の自分を見つけることができるという優れものです。

この本は、今回日米同時発売されました。この中に書かれている“価値観”(The Values)という言葉は、日本語にしてしまえばよく聞く言葉で、

「あの人と私では価値観が違う」

などという表現でよく用いられます。

その定義は、

「何が大事で何が大事でないかという判断、ものごとの優先順位づけ、ものごとの重み付けの体系のこと。」(Wikipedia参照)

というように書かれていますが、

Dr.ディマティーニの言うところの“価値観”(The Values)とは、

「世界でたったひとつの、あなただけの価値体系」

という訳が一番ピッタリだということです。

価値観とは言い換えるならば“欠乏感”。つまり、お腹がすいていたら食べ物が欲しくなるように、生理的な欲求からより高次な願望まで、人は無いから欲しくなるものです。

そのように“自分に欠けているもの”(The Voids)が価値観を決める要素であり、しかも価値観には自分にとって一番大切なものからどうでもいいものまで優先順位があり、その組み合わせは指紋や声紋のようにこの世で誰一人として同じ人がいないということです。

ちなみに“~すべき”“~しなければならない”という言葉で出てくることは、価値観ではなく、社会通念や常識と言われるものを私たちが小さい頃から擦り込まれていることがほとんどなのです。

さて、多少前置きが長くなりましたが、この価値観にフォーカスした本なのです。

いかがでしょう?ご自分がどのような価値観を持っているかお知りになりたいですか?

価値観を知ることで、自分が何に対して力を発揮し、自分の使命とは何なのかということも突き詰めていくと知ることになります。

そのようなことを知りたいという“価値観”をお持ちな方にはとてもおススメの本です。

合せて、この本の発売と一緒にお得な情報があります。

つい先週の11月8日からFacebook上で『最高の自分が見つかるオンライン授業』がスタートしました。





この本に載っているワークを含めた設問が1週間に1度出されるので、オンラインで質問したりしながらワークを参加者の方たちと一緒に進めることができます。

この授業のナビゲーターは日本におけるこの分野の第一人者のお二人、ディマティーニ・メソッド(DM)・ファシリテーターの

高衣紗彩さん橋谷創さん

のお二人が勤められています。

通常は、このお二人から個人ファシリテーションを受けたら、数時間で〇万円はかかるのですが、このオンライン授業は参加も無料、このオンライン授業上で質問に回答してもらうのも無料なのんです!

スタートから1週間が経ちましたが、すでに600名近い方たちが登録されており、出だしからみなさんの自己紹介も熱がこもっていて熱いです。

このメンバーで3か月間一緒に学んでいき、それぞれがどのように自己変容していくかを考えると今からとてもワクワクします音譜

そして私、川中努も今回こちらのオンライン授業でコメンテーターとして参加させていただくことになりました。私は、Dr.ディマティーニの叡智を実際に自分の最も価値の高い分野“ビジネス”に活用することで会社経営を行っている日本ではまだ珍しいタイプのDMファシリテーターです。

そのような立ち位置から、気付いた点をコメントさせていただこうと思います。もちろん、私自身も一緒にワークを進めていきますよ。

ご興味のおありの方は下記のURLにアクセスしていただき簡単な登録を済ませてからの参加となります。

「社員のやる気研究所」のHPからの申込画面

http://www.yaruken.com/program_sin/vfonline/

ぜひ一緒に学んで、光り輝いていきましょうねニコニコ

山陰経済ウィークリー表紙掲載~11年前との比較~

こんにちは。川中努です。

この度地元の経済誌『山陰経済ウィークリー』の表紙に掲載していただきました。



実は山陰経済ウィークリーの表紙に載せていただくのはこれで2回目、11年ぶりのこととなります。

第1回目は2002年30歳のころでした。





見た目も変わりました汗が、当時と今では自分自身の考え方に大きな違いがあります。

(ブログの一番下に今回と11年前の記事をPDFで掲載してあります)

この11年という時間の中、経営という決して平たんではない道を歩く中で起こった全てのプラスとマイナスは全て自分が“こうありたい”という価値観によって引き寄せたものであると思います。

そんな中、今まで未熟な経営者であり人間である「川中努」を支えてくださった全ての方たちと頑張って歩みを止めなかった自分自身に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

記録更新!「2013なかうみマラソン全国大会」

こんにちは。川中努です。

昨日11月3日は島根県安来市で開催された「なかうみマラソン全国大会」のハーフマラソンの部に出場しました。ハーフマラソン大会へ出るのはこれで5回目となります。

1ケ月ちょっと前の松江玉造ハーフマラソンでは残り5kmくらいのところでふくらはぎが痛くなり、脚力不足を感じたためこの1ヶ月間は上り坂中心で20km位のロングコースを中心にトレーニングを積んできました。

加えて1週間前からは、“カーボローディング”と言って、走るエネルギーを蓄えるために、食べものを、始めは炭水化物を抜きタンパク質中心の食事、そして後半は炭水化物を中心にと文字通り“カーボ”(炭水化物)をロードするという食事療法も試してみました。

目標は玉造の記録1時間59分を5分縮めること。描いてたイメージは15km位までのところを、1km当たりのアベレージ5分少しで走る感じです。

そして迎えた大会当日。あいにくの天気で今にも雨が降りそうな空模様・・
しかし不思議なもので、山陰ランクラブの仲間たちと集合すると自然と元気になるんです。



レース前ランクラブのピンクユニフォームで集合写真

ここからは、1km毎のタイムとともに走った感想を書いていきます。

スタートから1km(5:11)・・集団の真ん中より少し前のところでスタートしたのでわりと走りやすく、すぐに勢いをつけることができました。

2~6km(4:39)・・「この人についていこう!」とマークしていたランクラブのメンバーを追い越してグングンとペースアップ、雨もポツポツと降り始めた。

7~8km(4:53)・・相変わらずタイムは落ちず。なんとこの日のゲスト、美人ランナーの市橋有里さんが沿道でハイタッチしてくれて一気にテンションUP(笑)


ステージ上で話す市橋さん


9~10km(5:15)・・このコースで最初の上り坂。無理にペースを上げずに、歩幅を縮めて走るようにする。


11~13km(4:48)・・再び4分台へ。このころには雨は本格的に降りだしてサングラスが濡れて前が見にくかった。


14~18km(5:15)・・再度同じ上り坂コースもあるが、少しペースダウンしたものの着実に走ることができた。ここら辺からゴールのタイムを意識し始めた。


19~20km(5:43)・・あれっ、急にふくらはぎが張ってきて、スピードが落ちてきた。やはり脚力不足か?

21km(5:45)・・最後の力を振り絞ってゴールを目指す。ゴールが見えたら猛ダッシュをかけることをイメージしながら脚力を温存。いざゴール前で山陰ランクラブの先にゴールした仲間が出迎えてくれていた。嬉しい!「うりゃ~」と声を出しフィニッシュDASH!




ゴール直前の猛ダッシュ


そしてゴール!!

やりました。記録は1時間48分58秒。玉造ハーフマラソンの時より11分、去年のなかうみハーフより6分縮めることができました。
記録更新です音譜





1ヶ月間頑張って練習してきたのでとてもうれしい結果に大満足です。正直言って今までは「マラソンを理由は健康のため」と考えていたのですが、だんだんとタイムがよくなってくると欲が出てくるものです。

この歳(41歳)になってもタイムが縮まってくるのがマラソンというスポーツの楽しいところですね。ボクの場合、マラソンは仕事や人生と直結しているところがあるので、これからも長く楽しく走り続けていけたらと思っています。

さあ、来年3月は遂に人生初のフルマラソンにチャレンジすることが決まりました。これから冬になって外で走りにくくなってきますが、工夫して距離を伸ばしていくぞグッド!

盛和塾山陰~俺の株式会社・坂本孝社長勉強会~

こんにちは。川中努です。
10月ももうすぐ終わり。いよいよ今年も残すところあと2ヶ月ちょっとになりましたね。自分自身に納得のいく1年の締めくくりができるように、残りの2ヶ月をラストスパートをかけていきたいと思いますDASH!

さて先日、以前所属していた「盛和塾山陰」の勉強会に参加させていただきました。

講演されたのは、日本の古本市場ではシェア70%を占めるブックオフ創業者で、現在は「俺のフレンチ」、「俺のイタリアン」などのブランド名で約20店舗を展開する俺の株式会社代表取締役社長・坂本孝さまでした。



「俺の」シリーズのレストランは、ミシュランの星がついた一流のシェフたちがつくる通常なら1品1万円以上する料理が10分の1程度の値段で食べることができ、大繁盛、長い行列ができることで有名なお店です。ボクも以前東京出張に行った際に予約しようとしましたが、取ることができませんでした。

今回、米子のダックス株式会社の会長で盛和塾山陰の代表世話人の大畑さんにご招待していただき、今や飛ぶ鳥をも落とす勢いの坂本さんのお話を伺えるということで非常に楽しみにして行きました。

講演会の内容に入る前にまず坂本さんの略歴を紹介します。(出典:Wikipedia)


<略歴>

1959年3月 山梨県立甲府第一高等学校卒業。
1963年3月 慶應義塾大学法学部卒業。
1963年4月1日 父の経営する精麦会社、坂本産業に入社。
1972年 オーディオショップの経営に乗り出す。
1977年 オーディオショップの経営に失敗し店じまい。
その後、中古ピアノ販売業、遊休地再開発プロジェクトで経験を積む。
1990年5月 今までにない中古本販売のブックオフ直営1号店千代田店を神奈川県相模原市に開設。
1991年8月 ブックオフコーポレーションを設立、社長に就任した。
2006年6月24日 同会長に就任する。
2007年6月19日 会長を辞任。
2009年 バリュークリエイト株式会社設立。
2012年11月 俺のフレンチ・俺のイタリアン株式会社(現・俺の株式会社)設立 、代表取締役社長。


以下に坂本さんのお話の内容を記しますが、最初にお断りしておくのは、この内容は当然ボクの主観が入っているものですので、坂本さんが同じ意味でおっしゃっていないこともあるということはどうぞご了承くださいね。

【波乱万丈の経営者人生】

坂本さんは、お父様の事業を手伝っていらっしゃいましたが疑問を抱き、30代で起業されました。しかし、オイルショックの最中に信頼していた部下が資本金3千万円を持ち逃げしその事業は立ち行かなくなりました。

その後は、「部下は当然雇用主の指示に従っておけば良いのだ」と全く信用せず中古ピアノ販売業などを繰り返していましたたが、どの事業も一定の規模で頭打ちになったとのことです。


【盛和塾との出会い】

ある時、盛和塾塾長の稲盛和夫さんの書かれた『心を高める 経営を伸ばす』を読まれた坂本さんは、「この人に会って話を聴いてみたい」と思い盛和塾に入塾されました。

50代で古本業を興していましたが、神田の古本屋さんからは「この商売は目利きになるまで相当な時間を要する」と言われたときに「そんな時間がかかったら俺の人生設計が立たないじゃないか」と思い、誰にでも簡単に古本の買取ができるオペレーションをシステム化されました。

ブックオフではパート・アルバイト(PA)従業員でも買い取りができるようにその作業を平準化。単純な仕組みであるため、2週間でPAがオペレーションができるのと同時にお客さまがその仕組みを知っていただいたことが成功の鍵だということです。

今やブックオフは日本の古本マーケットの75%のシェアを占めているということです。しかし、その理由は決してシステムやマニュアルではないということです。

以前、アーネストヤング主催のハーバードビジネススクール「ベンチャーオブザイヤー」を受賞した際アメリカ経営賞。マイケル・ポーター教授から、PAの素晴らしさでその競争優位性を評価されたとのことです。

その秘訣を以下のエピソードと伴にお話し下さいました。

ブックオフでは年に一度、約100店舗の店長が各店から一人推薦するPAをグアムに招待するらしいのです。

到着後、まず最初に行うセレモニーは店長が書いた手紙を読むらしいです。「何故私(店長)があなた(PA)を店を代表して、このグアムに行ってもらおうと思ったのか。どれだけ私があなたを信頼し評価しているのか。」それを聞いた途端にみんなが号泣するそうです。

そして、飲めや、食えや、踊れの3日間が始まります。驚くことに、社長である坂本さん自らがまずは率先して“ヒゲダンス”を踊るのです。

「社長がバカをするなら部下もバカになれる。」

坂本さんとPA100人の密かな交流、距離を縮める場3日間が終わり帰るときにはみんな家族以上に仲良くなっているらしいのです。

「人財育成にマニュアルなどはない。」とおっしゃっていました。


【再び波乱の人生へ】

しかしそんな坂本さんですが、部下の不正経理が原因で会長を辞任されました。そんなとき、稲盛さんに京セラの東京オフィスに呼び出され、「キミは盛和塾で一体何を学んできたんだ?!」ともう少しでノックアウトされかけるくらい激しく叱られたということです。この時ほど稲盛さんの愛情を感じたことはなかったらしいです。

その後、ブックオフの株を売却しキャピタルゲインでハワイのコンドミニアムで優雅に暮らそうとしていたところ、稲盛塾長が日本航空の再建に乗り出すという話を聞きます。

「自分はこのままでいいのだろうか?」

そして経験のない飲食業に携わり始めました。坂本さんは東京のミシュランの星がついた飲食店を食べ歩かれました。寿司屋には特に詳しいとのことです。

ご自身は自己紹介をする時にこうおっしゃるそうです。「飲食業をしています。苦手な料理はフレンチとイタリアンです。」

「ワインも赤か白かロゼくらいの違いならわかるよ。」とおっしゃっていました。しかし、この業界のことを知らないのが、ボクには現在の「俺の」シリーズの原動力になっているような気がしてなりません。


【俺のフレンチ開業】

俺のフレンチはミシュラン並みのレストランで原価をたっぷりかけて、回転数(つまり1日の来客数÷店の席数)3回転で損益分岐点売上高、そして経常利益率10%を出せるビジネスモデルを、坂本さんが頭の中で思いついたものだということです。

そして、そのビジネスをスタートするために必要なのはミシュランの星がついたレストランでの勤務経験があるシェフだということで、都内にある飲食業に特化した人材紹介会社を集めたということです。

「ミシュランのシェフを連れてきて欲しい。」

ボクも東京でのサラリーマン時代に東京の人事の仕事をしていたので分かるのですが、人材紹介を受け採用すると年収の20~30%をフィーとして支払います。俺の株式会社では、年間に支払うフィーが1億2千万円ということです。しかし、坂本さん曰く「これは経費ではなく投資である。」

フレンチシェフをたくさん採用した後に、さてこの人たちをどう使うかと考え、そこからが坂本さんのノウハウ。彼らのキャリアパスは、お金を貯め海外に渡りミシュランのレストランで働き、スーシェフになり帰国して料理長を夢見るというものです。

しかし折しも、俺のフレンチを開業するときはリーマンショックからの不況で思い通りにいかなくなった時期とも重なりました。ホテルの2番手になっても自分の満足するような仕事はさせてもらえません。

そんなタイミングで彼らを採用しようと一生懸命だった坂本さんは、常務取締役の安田さんと役割分担して彼らを口説くということです。安田さんは証券会社で各業界の成功モデルを知り尽くしている。そして坂本さんは、高級寿司店にシェフとシェフの奥さんを呼び、また口説く。口説くというというよりも、切々と将来の夢を語り、理念の共有する訳です。これは坂本さん独自のノウハウであると思います。

「最高の料理人は素晴らしい人格を持っている。それはどの業界でも同じ。」

しかし人格者であるだけではなく、彼らには“左手にソロバン”(=損益計算書)を持ち、右手に“聖書”(=理念)を持つことを求めます。驚くことに俺の各店では、仕入れ、売価設定などは全て店長裁量。損益計算書は全店公開。6店舗の俺のフレンチ同志がライバルとして戦っているのです。

「セントラルキッチンは決して作らない。」


俺のフレンチ銀座店


【生涯現役】

現在72歳の坂本さんのこれからの夢を語られました。

まずは、来年の秋にニューヨークに150坪の「俺の割烹」をオープンする予定だそうです。いきなり世界大会で優勝を狙う。店内には日本食にジャズ。ジャズを入れるとワインの売り上げが違うそうです。

そして人財教育に関しては、来年採用する辻長調理学校卒業生20人採用予定。銀座本社ビルの地下に坪1万場所を借りて人財育成学校を開設されるとのことです。

2020年、東京で開催されるオリンピックの前年の2019年に“食のオリンピック”を開催したいという夢をお持ちだということです。そのとき、坂本さんは79歳。

「この仕事を始めたときから、おもちゃ箱をひっくり返したみたい。後へは引けない」

生涯現役です。

【お話を伺って】

坂本さんのお話を伺って感じたのが、

“波乱万丈な人生と卓越したビジネスセンスの持ち主”であることと“逆境をバネに不屈の精神で、次のチャンスを呼ぶ”方であること。

ブックオフの会長職を追われ、あのままハワイで悠々自適の人生を送ることも充分できたのに、敢えてまた逆境にご自分を置かれる。

恐らくそれは坂本さんが心の奥底にある価値観で、生涯現役でありチャレンジャーであり革命家であることを求めておられるのではないかと思いました。

価値観とは言い換えるならば“欠乏感”でもあります。人は自分に足りないものを手にしたくなります。

「人は価値を置く分野で才能を発揮する」

稲盛塾長をして「あなたは商売の天才だ」と言わしめた、類まれな商才をお持ちな反面、その才能を発揮する場をいつも欲していらっしゃる。

今や古本業界の最大手となったブックオフを創り出すという光と、その会社を去らざるを得ない境遇を引き寄せた陰の部分。しかし、はっきりと思うのが、そのマイナスがなかったら今日の「俺の」シリーズは決してなかったでしょう。そこへ行列をなして行き楽しむお客さまの笑顔もときめきもなかった訳です。

プラスとマイナスは必ずセットになって存在し、互いが補完し合いながら次のものを創り出すということを坂本さんのご経験を通して学ばさせていただきました。

今41歳のボク自身、自分の持つ価値観に従いこれから経営者として人として、どのように使命を果たしていこうかと改めて考えることができました。

坂本社長、改めてありがとうございました!



懇親会でのご様子



塾生より花束の贈呈

過去の記事

カレンダー

8月 2018年09月 10月
2627282930311
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 123456

プロフィール

川中 努(tsutom kawanaka)
1972年3月29日生
パラダイスコーポレーション代表取締役

きき酒師
ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター
バリューファクター・ファシリテーター

【配信メディア】
Facebook https://www.facebook.com/tsutom

基本的にお会いしたことのある方と友達に
ならせていただいています。
投稿は「公開」ですので
フォローをして頂くようお願いします。

Instagram https://www.instagram.com/tsutom_kawanaka/
【経歴】
1990年 島根県立松江南高校卒業
1994年 青山学院大学 国際政治経済学部卒業
日本トイザらス入社
1997年 住友商事と米国リバティメディアの合弁会社ジュピタープログラミング入社
1999年 故郷の島根県松江市に戻り、実家の事業(有限会社三度)に参画。専務取締役に就任。組織変更により株式会社パラダイスコーポレーションを設立。社内システムを整備する。
2012年 代表取締役 社長就任
   ~現在に至る