BLOG

社長 川中努ブログ

社長 川中努ブログ

出雲駅伝で母校の雄姿をもう一度!

こんにちは。川中努です。

体育の日の10月14日、出雲市で第25回出雲駅伝が開催されました。ここ数年で、ボクの母校・青山学院大学は箱根駅伝に出場するようになりました。

2009年正月の第85回箱根駅伝に、青学は33年ぶりの出場を果たしました。ちょうど、同じ2009年12月に東京出張の際、たまたま青山キャンパスの近くだったので寄ってみたところ、翌年第86回箱根駅伝の壮行会をしているところに遭遇しました。




そして、グングン実力をつけ、ついに去年の出雲駅伝では優勝を果たしましたビックリマーク




足元にも及びませんが、同じランナーとしてレベルの高いレースを観戦するというのはいい刺激になりますし、もちろん後輩たちが地元の出雲路を走るところを一目観たくて、応援にいってきましたDASH!





青学を応援するグッズが何もなかったので、取り敢えずきんちゃく袋持参です。次回、青学に行く際には購買で旗でも買ってきたいなぁグッド!

ボクが沿道に立ったところは、3区中継所から1km手前のところでした。この地点を選手が通過する14時の気温は26.5℃、湿度55%で、日差しも強く10月にしては暑く感じましたあせる





選手が通り過ぎて行ったのは、ほんのあっという間のことでした。1位は駒澤大学、2位は日体大、そして3位集団に青学、中央学院、法政という順でした。しっかり声援を送ることはできましたニコニコ




観ているとつい一緒に走れるんじゃないかと思っちゃいますが、あとで計算してみたところ、この第3区間で青学の一色選手は7.9kmを23分31秒で走ったということで、1km当たりのアベーレージは、な、なんと2分58秒叫び

ボクがマラソンで短い距離を早く走っても、4分30秒くらいなので、その速さはとんでもないことが分かります。もし一緒に走ろうものなら、一気に置いていかれます。やっぱり、住む世界が違うとはこのことですね。

なぜ、青学がここまで強くなったのか、その理由は原監督の功績と、ここ数年で優秀な新入生が入部し全体のレベルの底上げをしてきたことにあるようです。

そのことについて詳しく書かれているブログを見つけましたので、興味のある方はこちらをご覧になってみてくださいね。

さんびる田中正彦社長の講演会

こんにちは。川中努です。

10月に入っても暑い日が続きますね。日中は半袖でも平気。ちょっと季節感がないですよね汗

さて、昨夜は島根県中小企業家同友会さん主催の例会に参加させていただきました。お話しをされたのは、「日本で一番大切にしたい会社」大賞・審査委員会特別賞を受賞された、地元松江が誇る、さんびる田中正彦社長です。





タイトルは

「私の経営道」~人づくりは環境作りから、形から入って心に至る~

ご縁あって数年前に、会社訪問させていただき、それがきっかけで当社でも本年度から“見える化”としてスタッフ一人一人が自らつくった行動計画を壁に貼り出しを始めました。

そして、環境整備も現在進行中です。たくさんヒントをいただいています。これを機に我が社も変わりつつあります。


当社の事務所の壁面に貼り出した社員がつくった「行動計画」


ボクの印象に残ったポイントは

・市場にはライバルとお客さましかいない。お客さまをファンにする。

・ライバルと闘うときの立ち位置。何をもって勝つか?1)製品の優位性/2)業務の卓越性/3)親密な顧客関係
*さんびるさんの場合は、売り物は製品ではなくサービスのため3)の「顧客との親密な関係」ということです。

・さんびるはダンピングしない。社員が不幸せになるから。

・お客さまー地域社会ー社員・パートナーの「三方善」

・社長でも社員でも「○○さん」と呼ぶべき。役割の違い。風通しのいい会社になる。

・CS=Cutomer Satisfactuionではなく、CH=Customer Happiness

・木=目に見える世界(売り上げ)企業文化(さんびるに来ると気持ちがいい)、根っこ=目に見えない世界、マグマ=人生の原理原則(年間の行事カレンダーを前持って渡す→法事で休んじゃダメ。給与下がる)

・木を追いかけると危険

・環境整備=形。愚直に形をやり続ける。心は後でついてくる。

・決めたことはやり遂げる。やる前に社員とトコトン話す。

・物的環境整備。仕事のやり方と進め方を学ぶ。いるものといらないものをはっきりさせる。整備は躾。仕事の見える化。

・朝礼の徹底。目を合わせ握手して回る。ハッピー。笑い。

・社員について、“人”は愛するが“仕事”は疑う。


ボクも普段から、良い結果を得たければ、良い原因をつくれとスタッフには話しています。田中社長のおっしゃるところの、「大地の上の大きな木」、「木-幹-根っこ」の関係は非常に頷けます。


「大地の上の大きな木」、「木-幹-根っこ」の図

さんびるさんの場合は、その根っこを育てるのが、“物的環境整備”(4S=整理・整頓・清潔・清掃)と“人的環境整備”(道徳、躾、倫理観など)だと感じました。

そして、その会社を体現するのが田中社長ご自身。仕事にかける熱意と弛まぬ努力には感服します。ここまで、徹底的にやっていらっしゃるからこそ、「大切にしたい会社」に選ばれる訳です。

講演会が終わった後は懇親会にも参加させていただきました。ここでも、参加者の皆さんの席に自ら動かれ気さくにお話をされるお人柄は、とても温かい。

眼光鋭く厳しい面と愛されるべきお人柄。まさに相反する二面性を併せ持つような経営者。従業員の方のみではなく、関わる方が魅了されるのは田中社長のこういった魅力なんでしょうね!





蛇足ですが、このような素晴らしい講演と懇親会をご一緒させていただき気付いたことを2つ。

どんな理念や指針を持っていても、結果として利益を出せない経営や社長では、二宮尊徳の言葉のとおり、「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」だと強く感じました。社長業は厳しいですね!

そして、気を付けなければならないのは、素晴らしい田中社長ですが、当たり前ながら私とは違う訳です。そういった“自分以外の誰か”と自分を比較しないこと、そして自分の中にも同じ才能があって、形を変容させて7つの領域でどのように表現しているのかを認識することだと強く思いました!

あくまで、オーセンティックに本物の自分に気付き、パワーを発揮していくための聴講にしたいですね。

田中社長、ありがとうございました!

ランニングのモチベーションUP作戦

こんにちは。川中努ですニコニコ

気付けば9月ももうすぐ終わりで今年も残すところあと3ヶ月。当社にとって、10月からは下半期の始まりですビックリマーク

さて、ちょうど1年前に初めてのマラソン大会「松江玉造ハーフマラソン」に参加したときのことをブログに書きました。そのときのブログはこちら

今年も明日9月29日の日曜日に参加します。夏の間は暑いのであまり長い距離は走っていなかったので、今回はアベレージ5分後半でスタートし調子がよかったら後半スピードをあげてみたいと思いますグッド!

まあ、でもボクが走る理由はタイムを縮めたいとか、もっと長距離を走れるようになりたいということじゃなく、あくまで健康的に長く(できたら一生)走りたいというところに価値観があるので、マイペースでやっていきたいと思います音譜

さて、先日東京に出張に行ってきたときに、恒例の皇居ランを学生時代の友人といっしょにやりました。これが皇居近くにホテルをとったときの楽しみです。



こうやって旧友といっしょに走れるってシアワセなことですニコニコ

さて、最近は『ガーミン』(Garmin)というアメリカのGPS時計でランニングの記録を計り、その記録をiPhoneのNike というアプリと連動させることでモチベーションUPしています。




ご存じの方も多いかもしれませんが、改めてそのやり方を公開しますので、マラソンをやっている方でやる気を上げたいとか、記録を分析してタイムアップに役立てたいという場合の参考にしていただければと思います。


① まずガーミンの記録をGARMIN コネクトにアップロードします。
(そのためには持っているGARMINの時計の説明に従って個人アカウントを作成する必要があります。アカウント作成はこちらを参考にしてください。)

② データが上手くアップロードされると下のように表示されます。(タイトルの「皇居ラン」はボクが自分で簡易編集で名前をつけました)



③ このGARMINコネクトの記録をNike へ連動させます。そのための画面はこちら

④ GARMINコネクトの記録のURLをコピペしてNike に登録しているE-mailアドレスとパスワードを入力します。「Convert&Upload」のボタンを押せばOK。



⑤ Nike のアプリを開きアクティビティを同期し、上手くアップロードができてればこのように表示されます。


一番上の15kmの記録が皇居ランしたときのものです


こうやって今までのランニングの記録がNike アプリに貯まってくると、あとで見て「あのときはこんなタイムだったんだな」とか友だちと記録を比べたりすることなどいろんな楽しみ方ができますよ音譜


でも、ボク自身は前にも書いたように「自分が何のために走るのか?」「そのことによって何が得られるのか」という自分の価値観をしっかり分かって、その目的にあった走り方をすることが一番いいことじゃないのかなと思っています。

この「価値観」を知るためのワークについてご興味がおありの方は、参考になるレポートを以前書いたものがありますので、こちらをご覧になってみてくださいね。

では、明日の「松江玉造ハーフマラソン」ガンバってきます。

20年間古志原店をご贔屓頂きありがとうございました!

こんにちは。川中努です。

会社のホームページにてお知らせしていましたとおり、本日8月31日を持ちまして20年間営業してきました酒パラダイス古志原店を閉店いたします。




++++++++++++++++++++++++++++++

(以下ホームページより抜粋)

お得意様各位


前略 平素より、パラダイスコーポレーション 酒販事業部・酒パラダイス古志原店をご利用いただきましてありがとうございます。


私どもは平成5年より、この古志原の地にて酒パラダイスを20年間営業して参りました。お客様におかれましては、この間当店を
ご贔屓いただきましたことを重ねて厚く御礼申し上げます。


さて、この度勝手ながら8月31日(土)をもちまして、酒パラダイス古志原店を閉店いたします。


当社は、飲食店様向けのテナント賃貸業と業務用酒販業に力を入れて参りました。お蔭さまで、伊勢宮や松江駅周辺を中心と
するお取引先様が近年増えている状況です。


反対に、近年の小売業における価格競争は激しさを増してきました。当社としては事業の軸足を、看板事業であるテナント賃貸業
と業務用酒類販売業に移していくために、この度この古志原店を閉店することに決定いたしました。古志原店跡は自社物件ですので、
今後はテナント賃貸業として地域に役立って行こうと思います。


古志原店は当社事業の発祥の地でもあり、苦渋の決断ではありますが、「酒とテナントのパラダイスコーポレーション」として、
この度の決断は当社の得意分野に集中し、ファンの皆様により喜んでいただくための“積極的・前向き”な事業計画であると
ご了承いただきたく存じます。


酒パラダイス川津店と伊勢宮店は、引き続き元気に営業いたしております。また、古志原店に設けて参りました、
パラダイスコーポレーション本社機能も、川津店と移転いたします。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


草々


平成25年8月吉日

株式会社パラダイスコーポレーション
代表取締役
川中 努

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

そして本日、”涙雨”を超えて大雨で足元の悪い中、たくさんの方たちに今日で閉店の酒パラダイス古志原店に足をお運びいただいています~m(__)m





今日お店のシャッターを下ろす20時頃より、ささやかではありますが、閉店の儀式を開催いたします。その目的としては、何よりも20年間このお店を支えてくださった、お客さま、スタッフ、取引業者さま、そして全ての事柄に感謝の気持ちをもって閉店したいと思ったからです。もちろん、本日この場所にはいらっしゃっていない方がほとんどですが、かつて気持ちはこの場所にあったので、ここに居ていただけているように感じています。

さて、1993年8月に開店して以来、レジを通過されたお客様の数などのは調べようもないのですが、物凄い数だということは確かです。この酒パラダイス古志原店が開店した当時は、ボクはまだ東京の大学に通う4年生でしたが、ちょうど帰省した際にはオープン間近のお店の前で父(現会長)から説明を聞いたことを今でも覚えています。

ボクがこの会社の仕事を始めたのは、古志原店オープンから5年が経過した1999年8月からです。今朝もこのお店であったいろんな出来事、歴代の店長たち、様々なことを思い出しておりました。

お店を開くことは華々しいことでお祝いをいただいたりしますが、とかく閉店すると言うと、閉める側も意気消沈したり、場合によっては切羽詰まったりと、なかなか良い最後が迎えられないことも常です。

しかし、当社は閉店の挨拶文でも書かせていただいたとおり、これからパラダイスコーポレーションが目指して行きたい方向性、つまり当社のミッション・ステートメントにも明言している、”お酒を通じ人の心を豊かにする”「酒とテナントのパラダイスコーポレーション」になっていくために、積極的に変わるために、この古志原店を閉店していこうとしています。

明日からは9月が始まります。この感慨にいつまでも浸っておくわけにはいきません。古志原店閉店を行うための8月は終了し、早速、明日からはモードを切り替えていきたいと思います。

第27期に当たる今期は「ミッション経営元年」として第2創業期の位置づけをしております。今までとは違った方法で、何をどのようにするのかよりも、まずは何故そうするのかを、深く考えて創った「中長期経営ビジョン」、「ミッションステートメント」、「予算・行動計画」を携えてスタートした2013年度も、9月末で上半期が折り返しとなります。

9月は、再度予算・行動計画を検証し、再び10月からの下期に向かっていくための月になります。ボク自身も8月は物理的にこのお店に張り付くことが多かったですが、9月は東京に、大阪にと出向き、いろんな方たちとお会いし、インスピレーションを得て更にパワフルに社長として会社の舵取りをしていきたいと思います。

これからもファンの皆さんのご期待にお応えできるように頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今まで酒パラダイス古志原店をご贔屓いただきまして、重ねてありがとうございました。

DMファシリテーターHP開設

こんにちは。川中努です。

今期はDMファシリテーターとしての活動も徐々に増やしていこうと計画しています。

そこで会社のホームページとは別に
「DMファシリテーター川中努」のHPを開設することにしました。





ボクは日本ではまだ珍しい、ディマティーニ・メソッド(DM)を会社経営に使っている一人です。

2012年4月に、DMファシリテーターの資格取得後、社長となり、DMとVD(バリュー・ディターミネーション)を自社で導入し、業績をV字回復しました。

お陰さまで会社の業績も良くなり、この経験でもっと世の中のお役に立てる人間になりたいと、2013年度からはファシリテーターとしての仕事も開始しました。

しかし、ほんの1年ちょっと前までは、私は経営や人生のことで混沌とした悩みの中に暮していました。


「人生とは自分で望む方向へ持っていくことなど、到底できるものではない」と半ば諦めかけていたのです・・


そんな私がある日、出逢ったのがDMだったのです!今や私の人生は変わりました!私は自分の好きな仕事をして、好きなようにライフデザインしていけると確信しています。


現在メルマガ会員を募集中です。

ボクが今までの経験やDMとの出会い、人生や経営を加速するDMの活用方法、そしてセミナーなどのご案内について、メルマガで情報を配信します。

よろしければ、下記のアドレスより簡単な入力をしていただければと思います。

http://dmfbs.com/findmission/merumaga

どうぞ宜しくお願いします!

過去の記事

カレンダー

10月 2018年11月 12月
282930311 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

プロフィール

川中 努(tsutom kawanaka)
1972年3月29日生
パラダイスコーポレーション代表取締役

きき酒師
ディマティーニ・メソッド・ファシリテーター
バリューファクター・ファシリテーター

【配信メディア】
Facebook https://www.facebook.com/tsutom

基本的にお会いしたことのある方と友達に
ならせていただいています。
投稿は「公開」ですので
フォローをして頂くようお願いします。

Instagram https://www.instagram.com/tsutom_kawanaka/
【経歴】
1990年 島根県立松江南高校卒業
1994年 青山学院大学 国際政治経済学部卒業
日本トイザらス入社
1997年 住友商事と米国リバティメディアの合弁会社ジュピタープログラミング入社
1999年 故郷の島根県松江市に戻り、実家の事業(有限会社三度)に参画。専務取締役に就任。組織変更により株式会社パラダイスコーポレーションを設立。社内システムを整備する。
2012年 代表取締役 社長就任
   ~現在に至る